※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます

間もなく発動開始!!ネパ茶.com by kumanomiさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

2008年03月14日

私が薦める資格試験勉強法10のステップ

資格取得の季節=春だなぁと思いませんか?

学生のときと違って、仕事しつつ、というとどうしても試験勉強って進まないんですよね。

とは言いながら、お粗末ですが、今まで順調に色々な資格を取って来ました^^;
Oracle9iSilver
Oracle10gGold
MCP
ソフトウェア技術者
英検準1級
TOEIC 765点

ということで、今回は私の勉強法をご紹介したいと思います。


興味があったら読んでみてください。
けっこうアナログ&まともにやったら1日の平均睡眠時間は4時間くらいになりますw


続きはこちらから。


 みなさんは資格勉強をはじめるとき、どうやってますか?

いきなり教科書をだらだらと読んだり、教科書をノートにまとめたり、
そんな方法を実施している方もいるのかもしれませんね。

その方法って、実はたぶんよろしくないと思うんです。要領的に。

というわけで、私は勉強法は以下の10ステップです。


1.まずは2冊の問題集(A:問題集、B:教科書を含んだ問題集)を購入しよう。
 1冊は純粋な問題集(A)、もう1冊は各章(分野)毎のまとめ付き問題集(B)が良い。
 回答に詳しい解説が付いている問題集をお勧めする。


2.試験に出やすい章(分野)、範囲を確認しよう。
 試験に出やすい(配点率の高い)章(分野)というものが必ずあるはずだ。
 その分野を確認し、勉強はその分野からはじめるのが良い。

 

3.試験範囲と試験に出やすい分野の分量と、試験までの日数を確認しよう。
 試験までに、どの分野をどの期間かけて勉強するかの計画立てを行う。
 得意そうな章(分野)はスケジュールの中盤に設定すると良い。
 なぜなら、中だるみした気持ちを得意分野の問題を解くことでリフレッシュ出来るかも知れないし、
 得意分野だと思っていても意外に難関分野だったとしても、試験までの時間は十分残っているから焦る必要も無い。

 

4.問題集を解きはじめよう。
 1で購入した2冊のうち、まずはまとめ付きの方から手を付ける。
 Bのまとめの文章をよく読み、その後、該当章(分野)のBの問題を解く。
 解いた後、まとめの文章に書かれていなかった問題と回答を短文にして
 まとめの文章に書き加えることが重要だ。また、その際、元の情報となる問題番号も記しておくこと。

 

5.2冊の問題集の使い方って?
 4のステップが終わった後、Aの問題集の同じ章(分野)を解くようにする。

 

 解いた後、Bのまとめの文章に書かれていなかったAの問題と回答を短文にして
 4同様にまとめの文章に書き加えることが重要だ。

 また、その際、元の情報となる問題番号も記しておくこと。
 

 余裕があれば以下の点を心がけると良い。
 ・問題集AとBでは、きっと似たような問題/解説が出てくるはず。
  その問題/解説文の隅に、もう一方の問題集の問題番号/解説ページをメモしておくと、

  その問題/解説に対する理解が深まる。
  (1つの事柄を別の言葉に言い換えると、記憶に定着しやすくなる。)

 

6.最初の1章終わった時点で3の計画を練り直そう。
 この練り直しは、計画を緩くするのではなく、
 試験の3週間前までにすべての章(分野)の勉強を終わらせるように計画をしなおすことがポイントだ。
 試験3週間前になると、最初の章(分野)の記憶が飛んでいるかもしれない。
 そーいった復習を行う期間を最後の3週間に持ってくるのだ。

 

7.簡単な復習の仕方(各章(分野)を解いた後)
 試験範囲が多いと、昨日解いた問題の解説さえ忘れてしまう。
 記憶をしっかりと定着させるには、繰り返しと睡眠だと言う。
 寝る前に歯を磨きながらでも、問題集Bのまとめの文章をさらっと流し読みするだけでも十分な復習になる。
 (そんな時間も無ければ、問題集Bのまとめの文章に自分が付け加えた文章だけを流し読みするだけでも良い。)

 

8.本格的な復習の仕方(全ての章(分野)を解き終えた試験3週間前)
 2冊の問題集を全て解き終わった後、再度その問題集を1から解きなおすのだ。
 1回目に解いたときよりも、さらに短時間で解きなおすこと。
 最後の3週間のうちの1週間はその時間に使う。
 
9.予想問題集への取り込み(試験2週間前)
 予想問題集は何冊もいらない。しかし、解説が豊富なものを選択すること。
 (ちなみに、予想問題集は試験直前になると在庫品薄という事態も発生するので前もって準備しておこう。)
 予想問題集の問題と解説は(自分の言葉で言い換えて)丸ごと頭に叩き込もう。
 その際、問題集Bのまとめ文章、自分で追記した文章にさらに新しい発見があれば追記しよう。

 

10.試験直前にやるべきこと(試験前日)
 基本的には何も無い。問題集Bのまとめ文章、自分で追記した文章をさらさらっと斜め読みしたあと、
 試験の持ち物を準備して、寝るだけ。


 
以上、10ステップでしたが、電車の中だけで勉強する方には物理的にちょっと難しい方法かもしれませんね^^;

こんな勉強法あるよーという方、いらっしゃいましたらお知らせいただければ幸いです。

関連記事
ビジネス以外にも資格試験勉強にも使えるマインドマップソフト3つ


参考資料


この記事の関連記事(tag検索)⇒ 勉強法 お得パック 資格対策

あなたの日常に彩りを!ほかには無いWEBライフハック情報などをご紹介しています!
↓このサイトのRSS購読はこちらから↓

RSS登録はこちら RSSリーダーに登録する

posted by kumanomi at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | LifeHack

コメントを書く

お名前:[*]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:[*]

認証コード: [必須入力]※画像の中の文字を半角で入力してください。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
関連資料

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。